名古屋でイチ押しの大腸内視鏡検査を受けられるクリニック情報

大腸内視鏡検査を受けられる方へ

大腸内視鏡検査は、大腸ポリープを発見に最も有効な検査になります。観察するだけでなく、その場で切除・治療を行うことができます。今回大腸内視鏡検査を受ける際に気をつけることは、大腸の中に便が残っていない状態にしないと十分な検査ができないということです。だから、腸を綺麗にするため医師の指示に従いましょう。検査に関して気にかかることがあれば、担当する医師に質問しましょう。そういった疑問を無くすことで、検査を受ける際の不安が解消され、リラックスした状態で受けることができます。

検査の基礎知識

定期的に受けよう

大腸内視鏡検査は、癌を含めた大腸疾患を予防・早期発見をするために行われます。癌を早期発見することができれば、症状の悪化を防ぐことができるでしょう。健康な体を維持するためには定期的な健診が必要になります。名古屋には大腸内視鏡検査を取り扱うクリニックが数多くあるので、定期的な健診を受けるようにしましょう。

大腸内視鏡検査とは

大腸内視鏡検査は、肛門から内視鏡を挿入して、盲腸までのすべての大腸を直接観察する厳密な検査になります。大腸の病気を予防・早期発見するためには苦痛の少ない楽な大腸内視鏡検査がおすすめです。

大腸内視鏡検査で分かること

内視鏡で調べることができる範囲は、直腸から盲腸に至る大腸全体です。腸の表面の色や模様、出血の様子などが分かるでしょう。粘膜の生じた炎症や潰瘍、ポリープや癌といったものを発症している可能性がないかどうかをこの検査で知ることができます。

大腸内視鏡検査の検査方法

検査の際にはお尻の部分に穴の開いた専用の検査着に着替えます。そして、腸の動きを抑える抗コリン薬の注射を行うでしょう。こうした前処置を行い、内視鏡を肛門に挿入していき、順に詳しく観察していきます。疑わしい場所は、生検のために組織を採取するのです。

大腸内視鏡検査の流れ

前日の食事について

原則として検査前日の食事に制限はありませんが、繊維質のものは腸に残りやすいため検査しづらくなる場合もあります。そのため、なるべく食事に対しては注意しておきましょう。

検査用下剤の内服

検査当日では、約2リットルの腸管洗浄液を2時間かけて飲みます。腸管洗浄液は排便を促す効果があり、検査までに腸内を綺麗にすることができるのです。

検査着への着替え

検査を受ける際には、病院が準備している検査着へ着替えて治療を受けます。

検査の施行

検査に移る際には、鎮静剤を注射します。そして、検査中は医師と話をしながら検査を受けることができます。検査時間は、通常15分程度です。

検査終了後

検査終了後は、鎮静剤を使っているので、院内で2時間ほど休む必要があります。また、鎮静剤を使用するので原則当日車やバイク、自転車を運転することができません。そのため、家族に送迎してもらうか公共交通機関で行くようにしましょう。

【PR】
直腸がんのプロフェッショナル。
悩む前に門を叩こう! <PR>
小岩で糖尿病の治療を受ける
多くの糖尿病患者に選ばれてるクリニックを公開。 【PR】
さまざまな企業のプライマリーセルを取り扱い中!
お問い合わせはネットから可能。 【PR】
脳腫瘍を改善。
後遺症が残ることなく摘出できる?健康的な身体づくり。

よくある大腸内視鏡検査についてのQ&A

大腸内視鏡検査はしんどくありませんか。

多くの方は大腸内視鏡検査に関して、不安に思っているでしょう。しかし最近の治療では、内視鏡が改良され挿入しやすくなりました。苦痛なく盲腸まで詳しく調べることができるのです。そのため、検査も楽に受けられるでしょう。初めての方でも受けやすいように、各クリニックでは丁寧なカウンセリングまで行われています。もし、不安な点があれば検査前に確認してみましょう。きっとその不安な点に関しても担当の医師が丁寧に教えてくれます。

検査に異常があればどうなりますか。

検査を行い異常があれば、生検を行います。生検を行うことで大腸の異常の原因が大腸癌であるかどうかが分かります。もし、大腸癌であった場合はすぐに治療を行うでしょう。治療に関しては癌の大きさや広がりなど進行状況に合わせて治療方法を決めていきます。ただし、早期発見の場合は原因である部分を切除することで症状を改善することもできます。癌が進行している場合は、違う治療法を行っていくので医師の指示に従って進めていきましょう。

検査で異常がある場合に疑われる病気は何がありますか。

異常があった場合に疑われる病気というのは、大腸癌や大腸ポリープ、大腸結核、細菌性腸炎といった病気が挙げられます。どれも早期に発見することで、改善することができる治療になります。大腸は、小腸で消化吸収された残りの腸内要物を水分で吸収しながら大便に加工するところです。大腸癌や大腸ポリープは大腸粘膜のあるところなら、どこにでも癌ができます。大腸でおきる病気は、年齢を重ねることで可能性が増えていきます。そのため、特に40歳以降は一年に一度は大腸検査をした方がいいでしょう。

検査にかかる時間はどのくらいですか。

ほとんどの病院では、来院して検査用の下剤を飲みます。9時から診察をしてから下剤を飲み始め、その後早い方で12時前には腸が綺麗になり治療を受けられる状態になります。そして、当日検査を受ける人数によって順番は異なりますが、終わるのはだいたい夕方になるでしょう。検査を行う時間に関しては約15分ほどなのですが、検査を行う際には大腸に便がない状態にしないといけないので時間がかかるのです。そのため、大腸内視鏡検査を受ける際には時間に余裕をもっておきましょう。

大腸癌を予防する方法はありますか。

大腸ポリープは癌の芽といわれています。大腸ポリープを切除することによって、癌の発生を防ぐことができます。通常、癌は早期発見が大切となっています。癌を予防することは困難といわれていますが、大腸癌の場合はポリープを発見して、大腸内視鏡で切除することで予防が可能になります。その他にも、大腸癌にならないために気をつける点はいくつかあります。それは、過度な飲酒や喫煙を避けることや、食事では肉中心の生活をやめ、栄養のバランスの良い食事をするように心がけることです。また、適度の運動もいいとされているので、ぜひ大腸癌にならないためにも取り組んでいきましょう。

広告募集中